加齢臭と口の臭い。改善するには嫁の力が必要?

加齢臭と口臭対策になる食生活を考える。

旦那さんの加齢臭と口臭対策に、いろいろなものを使って闘いを完結した私ですが、
軽く食生活の改善もしました。

 

仕事中の昼食は、お弁当を拒む旦那さんですので、夕食だけ少し変化をもたせました。

 

料理は好きだけど、面倒くさいことはあまりしたくないので本当に簡単にできるところだけです。


口臭の予防にはアルカリ性食品を!

アルカリ性食品というのは

 

  • カルシウム
  • ナトリウム
  • ナトリウム
  • カリウム

を多く含む食品で、緑黄色野菜や海藻類です。

 

塩分や糖分も控えて、油も植物性のものが良いです。

 

色々な植物油がありますが、オリーブオイルやゴマ油が手ごろで、どんな料理にも使いやすいので
この2点の油を中心に変えました。

 

緑黄色野菜を多く取るためには、1番は具だくさん味噌汁にしてしまうっていうこと!
味噌もアルカリ性食品ですから、味噌汁は無敵です。

 

ルクエを愛用していまして、緑黄色野菜を中心にレンジでチンして温サラダ風にして食べる機会も多くなりました。

味付けはマヨネーズ等は使わず、塩・コショウなどの最小限の味付けにしたり、お酢や昆布を活用して味付けしています。
お酢もアルカリ性食品の代表格です!

 

納豆も毎日食べるようにしています。
アルカリ性中心の食事!といってもやるのはこれくらいです。
随分、手抜きですよ・・・。

 

梅干しを食べるのも口臭にはとっても良いんです。
朝に、お茶と1つの梅干し!これが効果抜群らしいんですが、梅ぼしをそのまま食べることが好きなない旦那さんなので、
細かくたたいて納豆と合わせたり、きゅうりと和えて食卓に並べたりしています。

加齢臭対策には活性酸素の抑制の働き『抗酸化作用』

抗酸化作用って言われても、難しいですよね!

 

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カロチン

これらを含む食品が、高い抗酸化作用があります。

 

特にビタミンEが良いんです。
玄米には多く含まれるので、主食を白米から変えられるのであれば、玄米にしてしまうのが手っ取り早いんですが、
うちは変えていません。

 

ビタミンEを多く含む野菜は

 

アスパラガス・アボカド・かぼちゃ・さつまいも
たけのこ・ニラ
ほうれん草・春菊など

 

ビタミンEを多く含む魚介類は

 

ウナギ・カレイ・鮭・サバ・サンマ
シシャモ・ブリ・ホタテ・マグロ

 

ビタミンEを多く含むフルーツは

 

キウイ・ブルーベリー・プルーン

 

その他、抗酸化物質の代表格は

  • ポリフェノール(赤ワインやチョコレート)
  • ベータカロチン(にんじん)
  • カテキン(緑茶)
  • イソフラボン(大豆)
  • セサミ(ごま)

加齢臭・口臭対策!共通だからやっていること!

あまり難しく考えず、共通するのは肉食中心にならないようにして、
バランスよく緑黄色野菜を取り入れた食事を心掛ける!ということに徹しました。

 

水分は、お茶を中心にしています。

 

加齢臭や口臭の予防だけではなく、年齢的にも中年夫婦ですので、
食生活の見直しは必要な時期なのかもしれません。

 

旦那さんは、年齢の割にはお肉が大好きで大食漢です。
私も同じく大食漢。
週に1度は、必ずといっていいほど外食で、『焼肉食べ放題』なんかに行ってしまう夫婦です。
でも、この外食も楽しみの1つなので
全ての食生活を変えるのではなく、
楽しく食べたいものを食べる日!普段の日は、できるだけ野菜中心の食事を出す。

 

食事の出し方は、嫁ができる最大なことだと思います。
できるだけ、頑張りすぎずやり続けることが大切なんですよね。